分析機器

ホーム » 製品一覧 » 分析機器 » 二重収束静電型エネルギー分析器

分析機器

二重収束静電型エネルギー分析器

Comstock Inc.社製
・静電収束型半球型エネルギー分析器
・二重収束静電型エネルギー分析器

コムストック社製二重焦点型静電エネルギー分析器は、原子分子物理、光電子分光、表面分析、ビームやプラズマ診断、化学物理等の研究分野で用いられる小型多機能な研究用機器です。

この分析器は、電子や陽電子、陽イオンや負イオンのエネルギー分布の測定に便利でかつ有効です。分析器の設定エネルギーに等しいエネルギーを有した荷電粒子は、分析器の内外球面状電極間を通り抜け、出射口で再収束します。エネルギー分布は、分析器自体の基準電位を掃引することによって得られます。この分析器は、測定機器として、また、電子やイオン源に取り付けて研究用単色ビーム源として利用できます。荷電粒子をパルスで入射すれば、分析器出力の時間変化で質量の確認が可能となります。

160°型二重収束エネルギー分析器システム

半球型エネルギー分析器システム

【仕 様】
検出範囲 電子、陽電子、陽イオン、負イオンの荷電粒子
電 極 160°の同心球面状電極
透過エネルギー 0〜50eV
ケース1:電極間電位差が17.7Vの時、40eVの電子/イオンが通過
ケース2:電極間電位差が8.85Vの時、20eVの荷電粒子が通過
電子エネルギー分布 0eV〜50eV
スキャン幅 0〜140V
エネルギー分解能 0.4%(透過エネルギー20eVの時、0.08eV)
材 料 無酸素同

株式会社 サイエンスラボラトリーズ

〒270-0021 千葉県松戸市小金原7丁目10番地25
電話番号 047-309-8311
FAX番号 047-309-8310
営業時間 9:00〜17:30(土日祝祭日はお休み)